>>赤ちゃんだけでなくお母さんの悩みも解決!<<
日中に遊ばせる ドンと構える 生活のリズムを整える
安心させてあげること 音楽を聞かせてあげる 夜に思い切って連れ出す
一度起こしてあげる 新生児の対策 独特の対策法
小児はりを試す お灸やツボ 睡眠表と寝る前のお風呂

2010年04月08日

2歳の娘が夜驚症?




2歳の娘が夜驚症だと思われます。

1歳前から夜泣きが始まり、最近では暴れる、
叫ぶ、走り回るが加わり、とりつかれたかんじで、
私も主人も、今までがんばってきましたが、限界
という言葉が出そうになります。

乳飲み子もおり、夜が、明日が来るのが怖くて、
寝かしつけてもまた2時間後に始まると思うとご
飯も喉を通りません。



「子供の背中をトントンとそっと叩く」 ということを、
お嬢様にして差し上げてくださいませんでしょうか。。


泣いて、叫んで、絶叫して、とりつかれているように
大暴れしても、ぎゅっと抱きしめて、「よしよし 
いい子だね」ってトントン。


その時、「○○ちゃん、大丈夫やで。お母さんがここ
におるよ。大丈夫。」という言葉を
優しい口調で何度も何度もかけてもらえたらホッと安心
すると思います。
それでも絶叫し、泣き叫び大暴れしてしまうと思うの
ですが、それでも、あくまでも優しく対応してあげて
欲しいのです。


私も幼少期は毎日同じ怖い夢を見ていました。
でも、私の怖い夢を聞いてくれて感情移入してくれ
一緒に怖がってくれたり、優しい言葉をかけてくれる
両親が私にはいませんでした。



(逆に 罵倒されていました。) だからどんどん
ひどくなったのだと思います。
夜驚症だった私が、上記サイトを読みましたところ、
とても納得できるものがありました。
ほんと、なにがあっても優しくトントン 優しい声掛け。
安心できる存在がいるということを感じられるような。。 
もうこれしかないかも。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クタクタに・・・


よなきき.jpg


子供は最高の贈りものです。ただ子育ては簡単かと
いうととっても難しいものです。長い道のりです。


子育ては夫婦の共同作業ですが、お父様であれお母様であれ
子育てを楽しく行えるようにこのブログがお役立てれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうすればいいのか・・・



夜泣きが最初に立ちはだかる壁なのかもしれません。
真夜中いつも泣いてしまう。


よなき.jpg


原因は子供や環境それぞれです。
断定できないですが、心身がクタクタに
疲れて負担になってしまうと元も子もありません。


でもなぜ?言うことを聞かないの?
イライラする。カッとなる。


自分でもわかっていながらそうなってしまう・・・
これは解決できるのでしょうか?





>>はい!知りたいです!<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スヤスヤと眠った!!



旦那さんはあることに気がつきました。
するとスヤスヤと寝息をたてて眠ったのです。


こそだて.jpg


これまであんなに苦労していたのに・・・
ウソ!どうして?

でもこれがきっかけで明るさを取り戻し
子育てを楽しめるようになった!!


その方法知りたいですか?



>>はい!知りたいです!<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんな子育てができるのか?


ぽにょ.jpg



妻のストレスが極端になくなります。

子育てを楽しみ気持ちが軽くなった。

子供の心が見えるようになった。

子供が生き生きしだした。

子供が悩みを話すようになった。

家族が一つになった。

笑顔が絶えない家庭になった。

友達が多く集まるようになった。



こんな子育てはきっと妻の皆さんに役立ちます。
もう子育てに悩まないでください!



>>はい!知りたいです!<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マニュアル実践者の喜びの声




>正しい方向性を示してくださり感謝です。
 進むべき道がよくわかりました。



>本当にそのとおりだと感じました。
 迷いがふっきれたように思います。 
 本当にありがとうございました。



>迷った時にこのアドバイスをよく
 読み返すと明確になります。



>考え直すいい機会をいただきました!



正しい道がわかると進みやすいですよね。
!(`・ω・´) シャキーン




>>はい!知りたいです!<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by よなき at 11:37| Comment(0) | 夜泣き関連質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。